スポンサード リンク

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内職でお小遣いを稼ぐ方法

 ネットで小遣いを稼ぐというと、お小遣い稼ぎのサイトに登録して稼ぐというのが思い浮かぶと思います。小遣い稼ぎサイトで稼ぐ内職は、企業の宣伝を目的としたサイトの会員になり、ポイントを貯めて現金や商品に換えるという内職小遣い稼ぎの方法です。

「お小遣いサイトで稼ぐ内職」があります。これは、紹介しているサイトの種類には、メール受信やゲーム、ショッピングなど他のジャンルの稼げる方法をすべてそろっているので、内職小遣い稼ぎとしては稼ぎやすい方法と思います。


 1.広告の入ったメールを受け取り広告を閲覧してポイントを貯める

 2.登録したサイトを訪問してサイト内にあるゲームなどを行いポイントを貯める

 3.受信したメール内のURLをクリックしてサイトを一定時間閲覧してポイントを貯める

 4.スポンサー企業のメールマガジンを購読してポイントを貯める

 5.各種資料を請求してポイントを貯める

 6.ショッピングをしてポイントを貯める

などが内職小遣い稼ぎの一般的な方法です。


 サイトによって何をすればポイントを取得できるか、ウェブ上に案内があります。それぞれのサイトでポイントの稼ぎ方を確認しましょう。

 サイトによっては一日に何度もポイント取得が出来るサイトや、一日一回ゲームしてポイントを取得できるところなどもありますので、遊び気分でポイントを稼ぐこともできます。内職小遣い稼ぎの主なサイトとしては、W-Point・JAPAN MG・ネットで内職小遣い稼ぎの定番のフルーツメールなどいろいろなサイトがありますので、個人の趣味や感覚でお好きなサイトに行かれるのがよいと思います。

スポンサーサイト

高収入な内職を斡旋します

 内職といえば、報酬は限りなく低いものと決まっていますが、稀に、超高額報酬の内職があるというのを知っていますか?

 高収入内職とは言いましても、あくまで内職です。実際にサラリーマンとして働いたり、自営業で稼ぐといったレベルのお話からは、かなりグレードダウンするのですが、それでも内職としては驚くほど高単価のものもあるのです。

 その高収入内職とは、いわゆるレディー系と呼ばれる内職です。レディ系内職とは何かというと、つまりインターネットや電話越しに男性と話をしたり、チャットをしたりすることで収入を得るお仕事です。いわゆるサクラというのも、これに含まれますが、レディ系の内職が全てサクラというわけではありません。女性がお仕事として(報酬をもらって)チャットをしたり、電話でお話してくれるというのを承知で行われているレディ系サービスもたくさんあるからです。

 レディ系にはチャットレディ、メールレディ、テレフォンレディなどがあります。いずれも高収入が得られる内職として、女性から人気がある内職です。

 チャットレディは、チャットをして話す仕事です。メールレディは、メールのやり取りをする仕事です。テレフォンレディは電話でお話する仕事です。給料的には、メールレディが一番安く、チャットレディが一番良いお給料であることが一般的です。

 メールの場合、時間の拘束はないか、あっても緩やかなことがほとんどですが、チャットの場合、いったんチャットをはじめたら、終わるまでは席を外せないことから、実質的に時間に拘束される状況も多く、それが報酬に反映しているのですね。


 レディ系以外で高収入な内職は・・・あんまりないですね。というか、高収入といわれる内職としては、レディー系と言われる仕事以外はほとんどないのが現状です。


 基本的に内職の場合、時給換算で平均200円から300円位で良いほうと言われます。

 時給1,000円とか2,000円、しかも特別なスキルは必要ないとか言っているような高収入内職業者は、はじめから怪しいと思ってかかった方が無難です。


オススメのレディ系内職です。

・熟女、人妻系のあなたは → 主婦のお小遣い稼ぎ

・未婚のあなたは → ■姫の暇つぶし 気軽に自宅でお小遣い稼ぎ

内職の相場っていくらぐらいなんだろう?

在宅でできる内職について、いろいろと調べたり、書いたりすることが多いので、内職について聞かれる機会も増えてきました。

その中でも最近多いのが、内職の相場について。つまり、内職でもらえる報酬の相場はいくらくらいなのか、ということです。

やはり、自分のもらっている金額が適正なものなのか、割がいいのか悪いのか、みなさん気になるようです。

ただ、内職の相場と言っても、正直なところよく分からないというのが本音です。拘束時間のある普通のアルバイトなどなら、募集のときに時給何円と提示されていて分かりやすいのですが、内職に限っては拘束時間がない代わりに、出来高制となっていることがほとんどなので、一概にいくらが相場とは言えません。

また、内職の需給関係や時期的なものによっても、その時々で相場が変わるので、実際にやってみないとわからないのが正確な答えになるでしょう。


一般的には、時給換算すると200円から300円あたりが内職の相場と言われています。内職は、普通のアルバイトのような拘束時間がなく、自宅で空き時間にやれるというメリットがあるだけに、仕事をして得られる収入は基本的に高額は期待できないということは知っておく必要があると思います。

一日に何時間かのまとまった時間が取れて外出できるという人なら、アルバイトやパートに出たほうが、内職よりも確実に多くの収入を稼げます。また、出来高ではなく時給での給料計算になるため安定性もあります。

内職は日によって任される仕事の量も変わります。内職の発注元にもよるでしょうが、ある日はまったく仕事がなく、ある日は到底こなせられないほどの仕事量があるといったことも、決して珍しいことではありません。


もちろん、あなたの内職としての仕事内容が信用を得ることができれば、ある程度一定した仕事を任せてくれる会社もあります。しかし、こういったことはまれなケースといえるでしょう。


月換算した場合の内職収入は月に2万円いけば御の字というのが相場のようです。

厚生労働省による内職の報酬額の調査では、内職収入の相場は「20,000円から40,000円」が38%と最も多く、「40,000円から60,000円」が19%、「10,000円から20,000円」が14%となっているそうです。平均すると一月当たりの内職収入は 4万6822円が相場だそうです。

この数字は一見すると多いようにも感じます。しかし、内職を専業でやっている人や、大黒柱である男性の内職労働者も含んでいるため、私たちが思い浮かべる主婦の内職の収入の現実より数値が大きくなっていることは確かです。

1時間当たりの収入での相場を見ると、「200円から400円」が34%、「400円から600円」が25%、「100円から200円」が13%と内職相場はなっており、普通のアルバイトと比べると厳しいのが現実です。しかし、内職は時間の制限がゆるいこと、何より自宅で仕事ができることこそが最大の利点ですので、収入だけからは判断は下せませんね。

内職の種類はさまざま

 内職というと、一昔前は主婦が家事の合間に行うものというイメージが多かったですが、最近では不景気を反映してか、本業を持つサラリーマンの週末や夜間の副業といった内容のものも増えてきました。

 内職には色々な種類の仕事があります。

 また募集方法も様々ですが、新聞の折込広告やタウンページ、電柱の張り紙やチラシから問い合わせするなどの方法は、内職を隠れ蓑にした誘引販売の悪徳業者がよく利用する方法でもあります。本当に収入が得られる内職と、そうでない悪徳商法との違いを見分ける注意力も必要です。

 代表的な内職の種類とその仕事内容を見てみます。

1.肉体労働系:肉体労働系というと語弊がありますが、ポスティングなど、実際に外に出て歩き回る必要のある仕事があります。この種類はチラシや広告をポストに投函するという作業です。家の中でやる仕事ではないので、内職というよりもアルバイトに近いかもしれません。ただ、実際にお客さんに会ってアンケートなどを取る営業補助と違って、純粋にチラシをポストに投函するだけですので、体力や根気が要求されることはあっても、その他の能力は必要とされません。他の内職よりも若干良い収入が得られることもあります。

2.チラシ配り:基本的に肉体労働系種類の仕事ですが、人通りの多い場所に立ってチラシを配るだけなので簡単です。しかし、ティッシュや試供品と違い、受け取ってくれる人が少ないのが問題と言えば問題でしょう。夏や冬など、気候の厳しい時期は外仕事なのでつらい仕事です。

3.棚卸の補助:これも内職というか、アルバイト的な仕事です。具体的には閉店になったお店(ホームセンターなど)で、在庫の数を数えて所定の用紙に数字を記入していくお仕事です。短期のものが多いです。

4.物作り系:在宅でできるという意味では、本当の内職です。カーペットサンプル作りなど、このタイプは商品のカタログにサンプルを張るといったお仕事です。

5.車部品・電気部品作成・組み立て:昔からよくある内職です。この種類はだいたい工程が3~5段階あり、ほとんどが簡単な内職が多いようです。

6.お守り作成:神社で売られているお守りも、作っているのは内職であることがほとんどです。この内職は金具・鈴付け・袋詰めといった一般的な内職作業です。

8.宛名書き:これはいい意味でも悪い意味でも内職の代名詞といってもいいでしょう。通販などのダイレクトメールや名簿からのデータに沿って宛名書きラベルを貼る、実際に宛名書きをする、パソコンで住所録データを入力するといったお仕事です。この種のものには「内職詐欺」まがいのものも多く、注意が必要な内職でもあります。


 これ以外にも内職にはいろいろな種類がありますが、ネット検索や内職斡旋情報などで探してみるといいと思いますよ。

 とにかく内職は作業としては単純で誰にでもできるものが多いのですが、単純作業だからこそ、向き不向きも大きいものです。自分に合った内職を探していきましょう。

内職副収入を得る5つの方法とは

 内職を副業として生活費の足しにしようとする人が増えてます。また、子育て中の主婦などは、副業と言うよりは本業として内職を探している人も増えてますね。それでは、副業による収入とはいったいどのくらいが相場なのでしょうか?また、どういった内職で、どのような収入が得られるのでしょう。

 内職で副収入を得ようと考えたとき、実にさまざまな方法があることに気づきます。最近ではテレビなどでも話題の副業や内職情報、在宅ワーク情報を手に入れることができますが、特に無料でできることの多いネット内職による副収入を稼ぐ方法はオススメです。インターネットを利用している人にとって、一番身近で安全な内職副収入の得られる方法を紹介しましょう。

 インターネットが普及すると共に、テレビからネットへと人の流れができつつあります。これに伴ってテレビCMやラジオCMを追い越す勢いでネット広告が急増してきました。そういったネット広告の特徴として、格安に誰でも扱うことができ、内職副収入を得ることができることが上げられます。ネットCMは大企業のものはもちろんのこと、中小企業の製品にいたるまで、いろんなものがそろっています。

 ネット広告の種類としてはバナー広告やメールマガジン向けのテキスト広告などがあり、そういったネット広告を利用することで消費者に商品やサービスの宣伝をすることで内職副収入を得るというのが一般的です。しかし、自分に興味のない広告を見るのが好きな人はおそらくいないでしょう。

 そこでメールなどで広告を掲載するに当たって、キャッシュバックポイントなどをつけることによって、それを配信したときに消費者がネット広告を見るようにするという手法があります。これだと内職副収入を得やすいのです。このような内職副収入稼ぎの方法を利用することで、実際に月に100万円以上稼ぐ人もたくさんいます。これは無料、又は比較的支出が少なく参加できる上に、たくさん稼ぐことができるすばらしい方法です。

 ネットで出来る内職副収入稼ぎは大きく分けて5つになります。

 1.メールを受信することで副収入を稼ぐ方法
 2.ネットアンケートに答えることで副収入を稼ぐ方法
 3.ネット懸賞に応募することで副収入を稼ぐ方法
 4.ポイントサイトで貯まったものを換金することで副収入を稼ぐ方法
 5.その他の方法で副収入を稼ぐ方法

 上記のようにネットで稼ぐ内職副収入にはこれらの方法があります。

 このブログでは、実際に上記の方法を使って、インターネットから副収入を得る具体的な手順をご紹介していく予定になっています。特に、副収入を得たいと思いながら、まだ思うように内職の副収入を得られていないあなたは必見です。


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。