スポンサード リンク

内職の相場っていくらぐらいなんだろう?| ホーム | 内職副収入を得る5つの方法とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内職の種類はさまざま

 内職というと、一昔前は主婦が家事の合間に行うものというイメージが多かったですが、最近では不景気を反映してか、本業を持つサラリーマンの週末や夜間の副業といった内容のものも増えてきました。

 内職には色々な種類の仕事があります。

 また募集方法も様々ですが、新聞の折込広告やタウンページ、電柱の張り紙やチラシから問い合わせするなどの方法は、内職を隠れ蓑にした誘引販売の悪徳業者がよく利用する方法でもあります。本当に収入が得られる内職と、そうでない悪徳商法との違いを見分ける注意力も必要です。

 代表的な内職の種類とその仕事内容を見てみます。

1.肉体労働系:肉体労働系というと語弊がありますが、ポスティングなど、実際に外に出て歩き回る必要のある仕事があります。この種類はチラシや広告をポストに投函するという作業です。家の中でやる仕事ではないので、内職というよりもアルバイトに近いかもしれません。ただ、実際にお客さんに会ってアンケートなどを取る営業補助と違って、純粋にチラシをポストに投函するだけですので、体力や根気が要求されることはあっても、その他の能力は必要とされません。他の内職よりも若干良い収入が得られることもあります。

2.チラシ配り:基本的に肉体労働系種類の仕事ですが、人通りの多い場所に立ってチラシを配るだけなので簡単です。しかし、ティッシュや試供品と違い、受け取ってくれる人が少ないのが問題と言えば問題でしょう。夏や冬など、気候の厳しい時期は外仕事なのでつらい仕事です。

3.棚卸の補助:これも内職というか、アルバイト的な仕事です。具体的には閉店になったお店(ホームセンターなど)で、在庫の数を数えて所定の用紙に数字を記入していくお仕事です。短期のものが多いです。

4.物作り系:在宅でできるという意味では、本当の内職です。カーペットサンプル作りなど、このタイプは商品のカタログにサンプルを張るといったお仕事です。

5.車部品・電気部品作成・組み立て:昔からよくある内職です。この種類はだいたい工程が3~5段階あり、ほとんどが簡単な内職が多いようです。

6.お守り作成:神社で売られているお守りも、作っているのは内職であることがほとんどです。この内職は金具・鈴付け・袋詰めといった一般的な内職作業です。

8.宛名書き:これはいい意味でも悪い意味でも内職の代名詞といってもいいでしょう。通販などのダイレクトメールや名簿からのデータに沿って宛名書きラベルを貼る、実際に宛名書きをする、パソコンで住所録データを入力するといったお仕事です。この種のものには「内職詐欺」まがいのものも多く、注意が必要な内職でもあります。


 これ以外にも内職にはいろいろな種類がありますが、ネット検索や内職斡旋情報などで探してみるといいと思いますよ。

 とにかく内職は作業としては単純で誰にでもできるものが多いのですが、単純作業だからこそ、向き不向きも大きいものです。自分に合った内職を探していきましょう。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2008/04/13(日) 22:44:01
  • [編集]

はじめまして

私もネット収入で生活しています。TVを見ながらでも出来る超簡単な方法です。ぜひ、紹介させてください。
http://don.jp/ezform103/2055/form.cgi

  • 投稿者: ねね
  • 2008/04/22(火) 04:12:19
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

内職の相場っていくらぐらいなんだろう?| ホーム | 内職副収入を得る5つの方法とは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。