スポンサード リンク

高収入な内職を斡旋します| ホーム | 内職の種類はさまざま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内職の相場っていくらぐらいなんだろう?

在宅でできる内職について、いろいろと調べたり、書いたりすることが多いので、内職について聞かれる機会も増えてきました。

その中でも最近多いのが、内職の相場について。つまり、内職でもらえる報酬の相場はいくらくらいなのか、ということです。

やはり、自分のもらっている金額が適正なものなのか、割がいいのか悪いのか、みなさん気になるようです。

ただ、内職の相場と言っても、正直なところよく分からないというのが本音です。拘束時間のある普通のアルバイトなどなら、募集のときに時給何円と提示されていて分かりやすいのですが、内職に限っては拘束時間がない代わりに、出来高制となっていることがほとんどなので、一概にいくらが相場とは言えません。

また、内職の需給関係や時期的なものによっても、その時々で相場が変わるので、実際にやってみないとわからないのが正確な答えになるでしょう。


一般的には、時給換算すると200円から300円あたりが内職の相場と言われています。内職は、普通のアルバイトのような拘束時間がなく、自宅で空き時間にやれるというメリットがあるだけに、仕事をして得られる収入は基本的に高額は期待できないということは知っておく必要があると思います。

一日に何時間かのまとまった時間が取れて外出できるという人なら、アルバイトやパートに出たほうが、内職よりも確実に多くの収入を稼げます。また、出来高ではなく時給での給料計算になるため安定性もあります。

内職は日によって任される仕事の量も変わります。内職の発注元にもよるでしょうが、ある日はまったく仕事がなく、ある日は到底こなせられないほどの仕事量があるといったことも、決して珍しいことではありません。


もちろん、あなたの内職としての仕事内容が信用を得ることができれば、ある程度一定した仕事を任せてくれる会社もあります。しかし、こういったことはまれなケースといえるでしょう。


月換算した場合の内職収入は月に2万円いけば御の字というのが相場のようです。

厚生労働省による内職の報酬額の調査では、内職収入の相場は「20,000円から40,000円」が38%と最も多く、「40,000円から60,000円」が19%、「10,000円から20,000円」が14%となっているそうです。平均すると一月当たりの内職収入は 4万6822円が相場だそうです。

この数字は一見すると多いようにも感じます。しかし、内職を専業でやっている人や、大黒柱である男性の内職労働者も含んでいるため、私たちが思い浮かべる主婦の内職の収入の現実より数値が大きくなっていることは確かです。

1時間当たりの収入での相場を見ると、「200円から400円」が34%、「400円から600円」が25%、「100円から200円」が13%と内職相場はなっており、普通のアルバイトと比べると厳しいのが現実です。しかし、内職は時間の制限がゆるいこと、何より自宅で仕事ができることこそが最大の利点ですので、収入だけからは判断は下せませんね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

高収入な内職を斡旋します| ホーム | 内職の種類はさまざま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。